体験談

スマホだめなの!?なんで!?火葬場の写真撮影を考察する

火葬場での写真撮影、一体どこまでが許容範囲なのでしょうか?このブログでは、火葬場での写真撮影に関するマナーや、その是非について考察していきます。不謹慎とされる場合もあるこの問題に、適切な対応を模索しましょう。 結論としては、火葬場によって対応が異なるため、火葬場の職員に直接質問したり、事前に葬祭業者に相談することが必要です。
葬儀のあれやこれや

読めないし難しいなぁ、、、「衷心・惜別・痛惜」意味までわかる!?

皆さまは「衷心」「痛惜の念」「惜別」読めることができますか? 本記事では、葬儀に関連する主要な漢字の意味や起源を紹介し、それらがどのように故人への敬意を表現しているのかを解説します。 故人を偲び、ご家族、ご親族、友人が集まって最後のお別れをする重要な儀式です。その背後には、葬儀に関連する漢字に込められた意味や敬意があります。
体験談

金具は消えてしまう!?故人は身体に人工関節ボルトを入れてました

この記事では、火葬の際によくある人工関節に関する問い合わせや申請、そして収骨時のご相談内容について取り上げます。 医療技術の進歩により、人工関節を用いた手術が増加しています。これらの人工関節は、高齢化社会で多くの人々の生活の質を向上させていますが、火葬時には特別な対応が求められる場合があります。
体験談

職員は熱中症を頻発!?火葬炉は1500℃超えるのか?火葬炉の温度について

本記事では、火葬炉の温度や火葬におけるバーナーの意義を詳しく解説し、適切な温度で火葬が行われることが故人への敬意や尊厳の維持にどのように関わっているかを明らかにします。また、火葬炉の炉裏の環境についても触れ、職員の労働環境についても説明し、火葬が現代社会において持つ役割を考察していきます。
火葬場

え!?こんなにも?東京都内にある火葬場の数

東京都の火葬場は公営の火葬場は10か所あり、民営の火葬場は8か所あります。 東京都は、多くの人々が集まる日本の首都であり、都内には多種多様な運営方法の火葬場が存在しています。ご家族、ご親族やご友人が最後のお別れをする場として、火葬場は故人を偲ぶ大切な空間となります。
体験談

あの黒いものはなに!?火葬場でおこる失敗とは!?

本記事では、火葬における燃え残りの原因や対策について詳しく解説し、適切な対応が故人への敬意を示す方法であることを明らかにします。また、火葬場の設備や技術の向上により、燃え残りが減少している現状についても紹介します。これらの知識を持つことで、火葬に関する不安を解消し、故人を安心して送り出せる環境を整えることができます。
葬儀のあれやこれや

スマートに伝授します!現役火葬職員が教える現代のに付けの渡し方

心づけはご葬家の自らの意思で直接渡すことに意義があり強制ではありません。 現役火葬場職員としてその「お気持ち」は大切ではないかとも思う部分もありますし、もちろん悪しき風習と言われる一面も理解しております。 ご葬家が自分たちの意思で直接渡すものであり、葬祭業者が仲介や代理で請求することは許されません。
体験談

火葬場で病気が蔓延してる!?365日職員がマスク着用のワケ

マスクをするのにはもちろん事情があります。 火葬場の仕事は作業工程の中、大量の粉塵が舞いますので健康のリスクを軽減できるためにマスクを着用します。 現在では副次的な意見ですが火葬場職員の身元が簡単に分からないようにするという側面もあります。
火葬炉

昔は薪で火葬!?現在はどんな燃料で火葬を行っている?

火葬場は、故人を最後の旅に送る場所であり、その役割は非常に重要です。近年、環境問題や資源の有効活用が求められる中で、火葬場で使用される燃料にも変化が見られています。本記事では、現代の火葬場で使用される燃料の種類や特徴について解説し、その環境への影響や技術革新について紹介します。
現役火葬場職員

想い出の結婚指輪、時計が手元にあります。骨壷に入れていい!?

本記事では、指輪や時計など愛用品を骨壷に入れる際の注意点や適切な方法について解説します。また、愛用品を骨壷に入れる意義や故人との思い出を大切にする心構えについても紹介します。これらの情報を通じて、故人への想いを形に残す方法や、愛用品を骨壷に入れる際の配慮を理解し、故人とのつながりを大切にすることができます。