葬儀のあれやこれや

壮大な歴史アリ!?葬儀と密接な仏教の起源はなんと紀元前500年前!!

仏教は文字通りに解釈すれば、「仏の教え」を意味します。紀元前500年前後にインドのシャカ族の王子であるゴータマ・シッダールタ(別名: 釈迦仏、釈尊、仏陀)によって開かれた教えで、その後中国に宗教として広まり、日本に伝来したのは538年とされています。
葬儀のあれやこれや

ネアンデルタール人にも葬儀があった!?葬送儀礼と文化と歴史

北イラクのシャニダール遺跡から発見されたネアンデルタール人の墓地は、原始時代の葬儀の一例です。人骨の周囲から見つかった花粉は、死者を埋葬する際に花を供えていた可能性を示しています。この事象は約4万年前、中期旧石器時代を示していると考えられます。
葬儀のあれやこれや

あれ!?読めません!「六導・矢来・洒水器」意味までわかる!?

「六導」「矢来」「洒水器」読めて、意味まで分かりますか? 本記事では、葬儀に関連する主要な漢字の意味や起源を紹介し、それらがどのように故人への敬意を表現しているのかを解説します。 葬儀は、故人を偲び、ご家族、ご親族、友人が集まって最後のお別れをする重要な儀式です。その背後には、葬儀に関連する漢字に込められた意味や敬意があります。
葬儀のあれやこれや

99.9999%以上!?火葬と土葬の違いとは

現役火葬場職員の火葬ディレクターです。 「土葬、鳥葬、水葬など様々方法がありますが、日本ではなぜ亡くなった方を火葬するのか」と思ったり、悩んでたり、不思議に思ったりしてませんか? でもこの記事をご覧頂ければ、日本の火葬の疑問について納得&解決できるんです!
体験談

失職!?不安定!?火葬場職員はエッセンシャルワーカーであるのか!?

エッセンシャルワーカーは、自然災害やパンデミックなどの緊急事態が発生した場合でも、働き続けることが求められます。 彼らの努力によって、社会全体が危機に対処し、復興することができます。そのため、エッセンシャルワーカーは、私たちが安心して生活できる環境を作り出してくれる重要な存在です。
現役火葬場職員

流儀!?現役火葬場職員はプロフェッショナル!

火葬場で働くプロフェッショナルたちは、故人とそのご家族に対して最高のサービスを提供するために、さまざまな心遣いを大切にしています。このブログでは、火葬場のスタッフが日々実践している心遣いや、そのプロフェッショナルな姿勢について紹介していきます。
葬儀のあれやこれや

こっそり人へ教えたくなる!?霊柩車の秘密!

本記事では、霊柩車の歴史やその役割について深く丁寧に掘り下げ、故人を送る際の心構えや、どのようにしてこの特別な車両が発展してきたのかを紹介していきます。 これを通じて、霊柩車に込められた想いや、人々の別れに対する敬意について考えてみましょう。
葬儀のあれやこれや

色々な文化や宗教、習慣!?海外の火葬場について、海外の事例を紹介します

火葬場は各国の文化や宗教、習慣によってさまざまな特徴があり、国や地域によって火葬率も異なります。また、環境への配慮や土地問題から火葬が選ばれることが増えており、近代的な設備を持つ火葬場が増えていることもわかります。遺骨の取り扱いについても、国や文化によって様々な方法があります。
火葬場

えっ!?こんなにあるの!?神奈川県の火葬場

神奈川県の火葬場は全部で20か所あります。公営の火葬場は18か所あり、民営の火葬場は2か所あります。 本記事では、神奈川県内の火葬場について、その特徴や利用方法、予約方法などを詳しく紹介します。また、各火葬場のアクセスや施設情報、料金についても触れ、迷いや不安を解消するための情報を提供します。
体験談

スマホだめなの!?なんで!?火葬場の写真撮影を考察する

火葬場での写真撮影、一体どこまでが許容範囲なのでしょうか?このブログでは、火葬場での写真撮影に関するマナーや、その是非について考察していきます。不謹慎とされる場合もあるこの問題に、適切な対応を模索しましょう。 結論としては、火葬場によって対応が異なるため、火葬場の職員に直接質問したり、事前に葬祭業者に相談することが必要です。