葬儀のあれやこれや

これから火葬場へ出棺する!!その葬列にはルーツがある!?

現代では葬儀の形態も多様化しており、伝統的な風習だけでなく、故人や遺族の意志に基づいた形式も増えています。本記事では、日本各地の野辺送りの風習と、それが現代の葬儀文化にどのように影響を与えているのかを探ります。また、地域ごとの独自の儀式や風習の紹介を通じて、故人を見送る精神や文化的意義に光を当てます。
葬儀のあれやこれや

ほとんどの家庭に仏壇!?どういう理由で祀られてる!?

〇寺院に由来する祭壇である仏壇 仏壇とは、我々が日常的に見ることがある、仏教の本尊や位牌を安置するための特殊な家具のことを指します。その形状は一般的に厨子(ずし)や宮型のものがあり、その起源は寺院の本堂にある須弥壇にさかのぼります。須弥壇と...
体験談

爆発死!?遺骨の間違い!?自殺!?火葬場で実際に起きた火葬場での事例

私たちの生活において、火葬場は避けて通れない場所ですが、そこで起こる事故の可能性はしばしば見過ごされがちです。火葬場での事故は、単なる運営上の問題ではなく、深刻な安全上の懸念を浮き彫りにします。本日は、過去に起きた複数の火葬場事故を振り返り、これらがどのようにして発生し、それによって何が学ばれたのかを物語形式で紐解いていきます。
現役火葬場職員

火葬炉の躯体と今度の火葬炉の展望

火葬炉は金属製のフレームで作られており、その耐久性と機能性が重要です。一部の火葬炉メーカーとしては、宮本工業所や太陽築炉工業株式会社、富士建設工業が主な企業です。火葬炉の温度は火葬の度に変化し、その結果、炉の構造は劣化しやすいという特性があ...
霊柩車

独特な風習!?葬列の先頭である霊柩車の運行について解説する

日本の葬儀文化には、長い歴史と深い伝統があります。 特に霊柩車に関連する風習は、故人への敬意や尊敬の念を示す重要な要素として、長年にわたり大切にされてきました。 これらの風習は、故人を最後の旅路へ送り出す際の心遣いや敬愛の表現として、日本の葬儀文化において重要な役割を果たしています。
その他

<2024年>いつもありがとうございます!!ブログへ見にいらした皆様へ新年のご挨拶とご案内

2023年は皆様と共に歩むことができ、大変感謝しております。私、現役の火葬場職員である『火葬ディレクター』として、2024年も引き続き、火葬場や葬儀に関する有益な情報をお届けいたします。お正月の休場期間を利用して、日頃の疲れを癒やし家族と共にリフレッシュする予定ですが、ブログは通常通り運営を続けます。
現役火葬場職員

火葬で唯一の資格!火葬技術管理士の資格について現役火葬場職員が深く語ります!!

火葬技術管理士の資格は、一般社団法人 日本火葬技術管理士会が母体で、火葬技術者が、日頃の成果や疑問を持ち寄り話し合い、火葬職における技術の向上と地位の向上を目指し、お互いの意見を尊重し、相互の交流を図っていくという理念を持っています。 火葬場職員がより専門的な知識を身につけ、サービスの質を向上させることを目的としています。この資格を取得することで、火葬場職員は以下のようなスキルや知識を習得します。
現役火葬場職員

スタンダードプリコーション!?あまり普段聞かない言葉ですがぜひ覚えて!!

「スタンダードプリコーション」あるいは「標準予防策」は、感染症対策の基本的な手段を指します。医療や介護の現場など、感染症を持つ可能性のある人々と接触する職場で普遍的に用いられます。特定の感染症が明らかである場合だけでなく、すべての患者やクライアントとの接触において行うべき基本的な予防策を包括しています。
体験談

真宗大谷派のとあるご住職お考えについて

真宗大谷派のご住職がこのようなお話をしてたよ。と教えて下さいました。下記の記事を読んで頂ければ分かると思いますが、物事には色々な問い方があり、収骨にも様々考え方や捉え方があると考えさせられました。 静かで静謐な雰囲気でのご収骨 穢れについて
葬儀のあれやこれや

仏教で一番有名なお経!?誰もが一度は聞いた事ある般若心経に迫る!!

日本では、般若心経は様々な宗派や宗教行事で広く唱えられており、仏教の教えを広めるための経典として多くの人々に親しまれています。 般若心経(はんにゃしんぎょう)は、仏教の短い経典で、般若波羅蜜多(はんにゃはらみつ)という仏陀の究極的な智慧を説いています。その全文は以下の通りです。